日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ホームページへようこそ

日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

学術情報

ホーム > 学術情報 > 基礎教育講習会用GIO・SBO

基礎教育講習会用GIO・SBO

ストーマリハビリテーション基礎教育講習会用 GIO・SBOs」について

第4版序
 地域ストーマリハビリテーション講習会で教育する基礎的カリキュラムとして、平成12年2月にストーマリハビリテーション教育連絡協議会基礎教育教材作成委員会で「ストーマリハビリテーション基礎教育講習会用 GIO・SBOs初版」が作成されました。その後、平成16年にカリキュラム検討ワーキンググループで内容を改正して第2版が作成されました。平成19年には日本ストーマリハビリテーション学会の講習会委員会は事業を引き継ぎ、改定して第3版とし、ストーマリハビリテーションの基礎を学ぶ人に広く活用でき、学術論文執筆時に引用できるように学会誌に掲載されました。(日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌 VOl.23 No.2 2007 )
 今回改訂した「ストーマリハビリテーション基礎教育講習会用 GIO・SBOs」は、ストーマリハビリテーションを実施するときに必要な基礎的知識、技術、態度をすべて含むように考慮しています。SBOの言葉も、基礎として学ぶことを求められるものなのか、高いレベルを求めすぎていないかを吟味しています。また、時代とともに変化してきた術式を検討し、この第4版を作成しました。第4版の作成は主に講習会委員会委員:山本由利子、西口幸雄、高野弘栄、賀屋 仁、池内健二、熊谷英子、板橋道朗、安田智美、梶西ミチコ、渡辺 成が担当しました。全国のストーマリハビリテーション講習会で活用して頂き、役立つことを願います。

平成24年6月1日
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 理事会


第5版序
 近年、大腸がん治療における、新しい薬剤の開発(特に分子標的薬)・副作用の軽減法など、抗がん剤治療は日々進歩してきています。それに伴い、抗がん剤治 療を受けた排泄物による抗がん剤の曝露や、各薬剤における多様な皮膚障害、末梢神経障害、下痢などストーマ保有者には大きな問題となります。そこで、基礎 講習会において、抗がん剤に対する基礎知識を習得し、患者や患者の家族への指導・教育ができるようGIO・SBOを追加しました。

平成27年2月27日
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 理事会

第6版序
  ストーマリハビリテーションは、ストーマ保有者の健康関連QOLの向上を目標にチーム医療で実践強化しています。健康関連QOLには①社会性機能②身体機能③日常役割機能④痛み・活力・睡眠・食事・性生活⑤心の健康・メンタルヘルスが要素として含まれていますが、これらの機能はさまざまな要因で変化します。したがって、変化に適応した支援が求められます。変化の中に緩和期があります。緩和期を迎え、ストーマとともに生活するストーマ保有者が抱えるTotal Pain(全人的痛み)への理解を深め、自らの実践に知識・技術が活用できることを目標として新たに緩和ストーマに関する学習目標を加えました。

平成28年12月2日
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 理事会

スト-マリハビリテ-ション基礎教育講習会用GIO・SBOs 第5版

講習会の目標:
『スト-マ保有者の健康的な日常生活への復帰を効果的に援助できるようになるためにスト-マリハビリテ-ションの基礎的能力(知識、技能、理念)を修得する』
A:講習会期間中に必ず修得していただきたいこと。
B:講習会期間中に講義や実習がない場合もあるが基礎知識として修得していただきたいこと。

GIOl:スト-マの造設を受ける患者とその家族に対し身体的・心理的・社会的な側面からのケアができるためにスト-マケアとスト-マリハビリテ-ションの基礎知識を正しく理解する。
SBOs:
1-1.スト-マとはなにかを説明できる。(A)
1-2.リハビリテ-ション医学におけるスト-マリハビリテ-ションの特徴について説明できる。(A)
1-3.インフォ-ムドコンセントの必要性を説明できる。(A)
1-4.スト-マが患者のボディイメ-ジに及ぼす影響を説明できる。(A)
1-5.オストメイトがセルフケアを行なうことの重要性を説明できる。(A)
1-6.スト-マケアにおけるキ-パ-ソンの意義を説明できる。(A)
1-7.スト-マ造設に伴う患者の心理的状態の変化の概略を説明できる。(A)
1-8.患者の受容過程に応じた援助方法を説明できる。(A)

GIO 2:各種の消化管スト-マに応じたケアができるために消化管スト-マならびにそれらが造設される疾患について理解する。
SBOs:
2-1.消化管スト-マの種類*1,2,3を説明できる。(A)
  *1期間による分類(一時的スト-マ、永久的スト-マ)
  *2スト-マ部位(造設臓器)による分類(結腸スト-マ、小腸スト-マ)
  *3形態による分類(単孔式スト-マ、双孔式スト-マ、ル-プ式、分離式)
2-2.消化管スト-マの構造*4について説明できる。(A)
  *4腹膜外法、腹膜内法、粘膜翻転法、一次開口
2-3.各種消化管スト-マからの排泄物の性状および皮膚に及ぼす影響の概略について説明できる。(A)
2-4.各種消化管スト-マの特徴に応じたケアの留意点*5を説明できる。(A)
  *5消化器系・尿路系の違い、消化管ストーマにおける使用腸管による排泄物の違い等
2-5.消化管スト-マが造設される主な疾患*6を列挙できる。(A)
  *6直腸癌(大腸癌)、炎症性腸疾患(CD、UC)、大腸憩室炎、家族性大腸腺腫症、女性性器癌、放射線性腸炎、縫合不全(予防、治療)、他臓器癌の転移・再発、外傷
2-6.それらの疾患で消化管スト-マを造設する理由*7を説明できる。
  *7肛門を切除する場合、便を肛門側に流したくない場合

GIO 3:尿路スト-マのケアが適切にできるために尿路スト-マとそれらが造設される疾患について理解する。
SBOs:
3-1.尿路スト-マに関連した泌尿器の構造と機能について概略を説明できる。(A)
3-2.尿路スト-マが造設される主な疾患*8を列挙できる。(A)
  *8膀胱癌、周囲臓器疾患の浸潤、他臓器癌の転移、外傷、放射線性膀胱炎等
3-3.それらの疾患にスト-マ造設が必要となる理由を説明できる。(A)
3-4.尿路スト-マの種類*9を列挙できる。(A)
  *9腎瘻、尿管皮膚瘻、膀胱瘻、回腸導管、禁制尿路スト-マ
3-5.各種尿路スト-マの特徴を説明できる。(A)
3-6.自排尿型尿路変向術の特徴を説明できる。(B)

GIO 4:スト-マ造設の準備が適切にできるために消化管・尿路スト-マの術前ケアについての知識と技能を修得する。
SBOs:
4-1.患者への術前オリエテ-ションの重要性について説明できる。(A)
4-2.スト-マ造設術の前処置*10について説明できる。(B)
  *10経口摂取の制限・禁止とそれに伴う栄養管理、下剤の与薬、浣腸の必要性
4-3.消化器・尿路スト-マ造設術後の一般的な経過について説明できる。(A)
4-4.スト-マ位置決めの意義と方法について説明できる。(緊急手術を含む)(A)
4-5.スト-マの位置決めができる(A)
4-6.スト-マ造設に伴う患者の心理状態の変化(不安など)について、術前に対処することの重要性を説明できる。(A)
4-7.術後に排尿障害や性機能障害が起こりうることを患者に説明できる。(A)


GIO 5:スト-マのケアが適切にできるために消化管と尿路のスト-マ造設術の術後ケアについて説明できる。
SBOs:
5-1.スト-マ保有者への精神的援助の重要性を説明できる。(A)
5-2.スト-マおよびスト-マ周囲皮膚の観察のポイントを列挙できる。(A)
5-3.術直後のスト-マの特徴について説明できる。(A)
5-4.術直後のスト-マケアの目標を列挙することができる。(A)
5-5.術直後に用いる装具の選択条件を説明できる。(A)
5-6.術直後のスキンケアの手順を説明ができる。(A)
5-7.術直後の尿路スト-マにおけるカテ-テルの取り扱いについて説明できる。(A)
5-8.術後入院中のケアの目標を列挙することができる。(A)
5-9.術後入院中の装具の選択条件を説明できる。(A)
5-10.術後入院中のスキンケアの手順を説明できる。(A)
5-11.退院指導の内容*11について説明できる。(A)
  *11日常生活の留意点、(食事・入浴・性生活・旅行・運動・職業・学校)、スト-マ用品の管理方法(入手方法・保管管理方法・破棄方法・非常時の備え)
5-12.セルフケアと家族指導の要点を説明できる。(A)
5-13.外来でのケアの目標を列挙することができる。(A)
5-14.外来でのフォロ-アップの方法について説明できる。(A)
5-15. 継続ケアの必要性について説明できる。(A)


GIO 6:個々のスト-マ保有者に合わせた適切なスト-マ用品の選択ができるために皮膚保護剤とスト-マ袋ならびにその他のスト-マ用品について理解する。
SBOs:
6-1.絆創膏皮膚炎について説明できる。(A)
6-2.閉塞性環境下での正常皮膚の反応について説明できる。(A)
6-3.皮膚保護剤が開発された歴史的経過について説明できる。(A)
6-4.皮膚保護剤の成分、材型について列挙できる。(A)
6-5. 皮膚保護剤の作用機序について述べることができる。(A)
6-6. 各種皮膚保護剤の特徴について説明できる。(A)
6-7. 各種ストーマ袋の特徴について説明できる。(A)
6-8. 各種スト-マ袋の使用法を説明できる。(A)
6-9. 各種スト-マ用の付属品の用途を説明できる。(A)

GIO 7:術後のスト-マケアが適切にできるためにスト-マ用品取り扱いの基本的技能を修得する。
SBOs:
7-1. 術後の経過(手術直後一社会復帰後)に合わせたスト-マ用品の選択ができる。(A)
7-2. スト-マ保有者の個々の状況(腹壁、装着能力、生活状況など)に合わせたスト-マ用品の選択基準を述べることができる。(A)
7-3. スト-マ装具の交換に必要な物品を準備できる。(A)
7-4. 皮膚保護剤の使用法を説明できる。(A)
7-5. パウチング法について説明できる。(A)
7-6. 個々のスト-マに合わせて面板スト-マ孔を切ることができる。(A)
7-7. スト-マ装具を適切に交換できる。(A)
7-8. 必要に応じて附属品*12を使用できる。(A)
  *12固定具、脱臭剤、脚用収尿器、袋カバ-、排出口閉鎖具、尿排出口閉鎖具等

GIO 8:ストーマ周囲皮膚障害に対して適切に処置ができるために、予防的スキンケアの意義と方法について理解する
SBOs:
8-1.スト-マに関連した皮膚の構造と機能について説明できる。(A)
8-2.予防的スキンケアについて説明できる。(A)
8-3.スト-マ周囲皮膚障害の原因*13を列挙することができる。(A)
  *13排泄物、皮膚保護剤のアレルギー、感染、化学療法、放射線療法、皮膚疾患等
8-4.スト-マ周囲皮膚の観察点を列挙することができる。(A)
8-5.スト-マ周囲皮膚障害の対策について説明できる。(A)
8-6.スト-マ周囲の状況*14に応じた皮膚保護剤の使用法について説明できる。(A)
  *14陥没、びらん、潰傷など
8-7.パッチテストの意義について述べることができる。(B)

GIO 9:スト-マ造設後の経過が順調であるかどうかを判断し適切に対処できるために消化管・尿路スト-マの合併症について理解する。
SBOs:
9-1.消化管スト-マの皮膚障害以外の合併症*15を列挙しその原因の概略と対策について説明できる(A)
  *15壊死、脱落、粘膜皮膚接合部離解、狭窄、陥没、膿瘍、腸脱出、スト-マ傍ヘルニア,出血
9-2.尿路スト-マの(皮膚障害以外の)合併症*16を列挙しその原因の概略と対策について説明できる。(A)
  *16尿路の各種通過障害、尿路感染症、腎不全、尿路結石等
9-3.スト-マからの出血を来たす病態*17を列挙し、対策について説明できる。(A)
  *17装具による損傷、スト-マ静脈瘤、スト-マに発生したがん、スト-マより口側腸管の出血性病変

GIO10:スト-マ保有者の排尿管理を援助できるために骨盤内手術にともなう排尿障害(排尿困難・尿失禁)とその対策について理解する。
SBOs:
10-1.排尿障害の発生機序の概略について説明できる。(A)
10-2.排尿障害による全身および上部尿路への影響について説明できる(A)
10-3.排尿障害の対処法*18を列挙できる。(A)
  *18薬物、用手排尿など
10-4.残尿の定義と測定法について説明できる。(A)
10-5.自己導尿の適応を説明できる。(A)
10-6.自己導尿の方法(感染防止法と必要物品)を患者に説明できる。(A)
10-7.残尿量が自己導尿の回数決定の目安となることを説明できる。(A)
10-8.自己導尿を中止してよい時期が判断できる。(B)

GIO11:スト-マ保有者の性生活の援助ができるために骨盤内手術にともなう性機能障害(男性・女性)とその対策について理解する。
SBOs:
11-1.性生活の援助の重要性について説明できる。(A)
11-2.性機能障害を生ずる機序の概略について説明できる。(A)
11-3.性生活における心理面の重要性について説明できる。(A)
11-4.性機能障害に対する薬物療法の概略について説明できる。(A)
11-5.性機能障害に対する相談窓口について説明できる。(B)
11-6.性機能障害に対する手術療法について説明できる。(B)

GIO12:小児のスト-マケアが適切にできるために小児スト-マの特徴について理解する。
SBOs:
12-1.スト-マが造設される疾患*19を列挙できる。(A)
 *19ヒルシュスプルング病及び類縁疾患、直腸肛門奇形(鎖肛)、膀胱腸裂、低出生体重児特有の未熟性に基づく異常(新生児壊死性腸炎、特発性小腸穿孔, 胎便関連性腸閉塞 )
12-2.それらの疾患になぜスト-マが必要となるかを説明できる。(A)
12-3.それぞれの疾患の小児スト-マの特徴を説明できる。(B)
12-4.合併症の概略を説明できる。(B)

GIO13:小児のスト-マケアを適切に行うことができるために小児スト-マ造設の術前、術後ケアの特殊性を理解する。
SBOs:
13-1.小児の発育と発達段階に応じたスト-マケアの特殊性について説明できる(A)
13-2.小児スト-マ造設術前の家族の心理調整について説明できる。(B)
13-3.小児スト-マの位置決めの特殊性について説明できる。(B)
13-4.小児スト-マ造設術後の経過の概略(一時的スト-マを含む)を説明できる。(B)
13-5.小児スト-マの術後ケアの特殊性(スト-マ周囲皮膚炎を含む)を説明できる。(A)
13-6.小児スト-マの状況に応じたスト-マ用品の選択ができる。(B)

GIO14:在宅でのスト-マケアが適切にできるためにスト-マ保有者の抱える社会的、職業的、経済的問題について理解する。
SBOs:
14-1.スト-マ保有者が活用できる社会保障制度*20などを列挙できる。(A)
  *20身体障害者福祉法、年金法、自治体による助成、難治性特定疾患、社会適応訓練事業、介護保険
14-2.社会保障制度などを活用するための手順の概略を説明できる。(A)
14-3.地域支援システムの内容と利用方法について説明できる。(A)
14-4.在宅におけるスト-マケア支援のために介護保険と医療保険で活用可能な支援内容を説明できる。(A)
14-5.スト-マ保有者の互助組織について説明できる。(B)
14-6.オストミ-ビジタ-の概略について説明できる。(B)
14-7.災害時におけるスト-マ保有者の問題点とその対応方法について説明できる。(A)

GIO15:スト-マ保有者に灌注排便の指導ができるために灌注排便法の基本と実際について理解する。
SBOs:
15-1.灌注排便法による排便の意義を説明できる。(A)
15-2.灌注排便法の利点と欠点を自然排便法と対比して説明できる。(A)
15-3.灌注排便法の適応と禁忌を列挙できる。(A)
15-4.灌注排便法の禁忌について、その主な理由を説明できる。(B)
15-5.灌注排便法の開始時期に関するいろいろな考え方を説明できる。(B)
15-6.濯注排便法の手順を具体的に説明できる。(B)
15-7.濯注排便実施中にみられる主なトラブルと予防法・対処法を列挙できる。(B)
15-8.灌注排便法を中止すべき状況を説明できる。(B)

GIO16:胃瘻と腸瘻のケアが適切にできるためにその知識と技術を理解する。
SBOs:
16-1.胃瘻と腸瘻の適応、造設方法、部位を分類して列挙できる。(B)
16-2.造設方法の概略を説明できる。(B)
16-3.術前・術後管理の留意点を説明できる。(B)
16-4.胃瘻と腸瘻の術後合併症を説明できる。(B)
16-5.術後合併症の対策の概略を説明できる。(B)
16-6.栄養療(特にPEG)に用いるチュ-ブの交換の要点を説明できる。(B)
16-7.栄養瘻を持つ患者のフォロ-アップ体制とその要点を説明できる。(B)
16-8.栄養瘻の創管理の要点を説明できる。(B)
16-9.PEGと開腹による胃瘻・腸瘻との差を説明できる。(B)

GIO17:周術期ならびに継続的なストーマケアを安全に提供するために、感染対策やケアにおけるリスクを理解し、ストーマ保有者のセルフケアの不安に配慮しながらストーマケアを指導する能力を身につける。
SBOs:
17-1. ストーマケアの場で、標準予防策、感染経路別予防策を遵守できる。(A)
17-2. 皮膚保護材を用いた排尿・排便法、灌注排便法で、危険な自己管理につながる行為を回避するように指導できる。(A)
17-3. 緊急に病院に連絡すべき、手術やストーマの合併症と症状を、ストーマ保有者に指導できる。(A)
17-4. 地域のごみ処理のルールと医学的な感染対策が両立する、装具の廃棄方法を立案できる。(A)
17-5. ストーマ保有者が大規模災害に向けて心がけるべき点を列挙できる。(A)
17-6. 位置不良などがもたらすストーマの合併症を列挙できる。(A)
17-7. ストーマ保有者が遭遇する不安に対処する方法を説明できる。(A)
17-8. 安全な継続的ストーマケアのためにストーマ外来や多職種連携が重要であることを説明できる。(A)

GIO18:抗がん剤治療を受けるストーマ保有者に適切なケアができるようになるために、抗がん剤治療がストーマ保有者及びそのケアの提供者に及ぼす影響を理解する。
SBOs:
18-1. 抗がん剤治療(分子標的薬治療を含む)の概要を説明することができる
18-2. 抗がん剤の副作用について概要を説明することができる(A)
18-3. 抗がん剤治療(分子標的薬治療を含む)によってストーマ保有者に起こりうる問題点を説明できる
18-4. 抗がん剤の暴露予防の必要性について説明できる
18-5. 抗がん剤治療(分子標的薬治療を含む)を受ける患者・ストーマ保有者に配慮し、病棟・外来において適切に排泄物の管理ができる
18-6. 抗がん剤治療(分子標的薬治療を含む)を受ける期間中のストーマ保有者に対して自宅・外出先での排泄物の適切な破棄方法、理由を説明できる

GIO19:切除不能悪性腫傷に対して症状緩和を目的に造られるストーマ(緩和ストーマpalliative stoma)の保有者や、終末期を迎えたストーマ保有者に適切に対処するために、これらのストーマ保有者の身体的,局所的状況や心情を理解し、対象者に合った生活を支援する能力を身につける。
SBOs:
19-1. 緩和ストーマの定義を述べることができる。
19-2. 緩和ストーマ造設術が適応となる条件を述べることができる。
19-3. 緩和ストーマ造設術の手術術式(種類)を述べることができる。
※消化器、尿路、カテーテルの有無、内視鏡的手技(PEGなど)
19-4. 緩和ストーマ造設術の術前準備と精神的支援の要点を述べることができる。
19-5. 緩和ストーマ造設の場合の位置決めの留意点を述べることができる。
19-6. 緩和ストーマやストーマ保有者の終末期のケアに用いる装具を選択・購入するときの留意点を述べることができる。
19-7. 緩和ストーマやストーマ保有者の終末期に見られることが多いストーマの合併症とその対策を述べることができる。
19-8. ストーマ保有者の終末期の、身体的変化(全身・局所)*を類別できる。
* やせ、腹水、ADL低下、皮膚の脆弱化
19-9. ストーマ保有者が持つ終末期の不安に適切に対応できる。
19-10. 死去後のストーマの処置法の選択肢を述べることができる。