日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ホームページへようこそ

日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

学術情報

ホーム > 学術情報 > 学術集会 > 地域講習会

地域講習会

第10回 栃木ストーマリハビリテーション講習会

主催 栃木ストーマリハビリテーション講習会
後援 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会地方会栃木県ストーマ研究会
日本看護協会、栃木県看護協会
開催期日 平成29年11月3日(金)~5日(日)(※3日間連続での出席が条件です)
会場 地方独立行政法人 栃木県立がんセンター 講堂
受講資格 看護師・准看護師(3年以上の臨床経験を有するもの)および医師
*本講習会は、「人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算(450点)算定要件」の研修となりますが、 加算要件には5年目以上の臨床経験が必要となります。
また、ストーマリハビリテーション講習会・リーダーシップコースへの応募が可能となります。
募集人員 60名(受講決定の有無については返信ハガキで9月中旬までに連絡致します)
受講料 30,000円
10月16日(月)までに参加費の振込みをお願いします。
病院で振り込まれる場合も振込み氏名確認の為、参加者氏名を必ずお書き下さい。
詳細は、受講決定者に9月中旬までにお知らせを郵送致します。
講習内容 ストーマリハビリテーションの総論、ストーマ術前・術後の管理、ストーマサイトマーキング、スキンケア、ストーマ用品、消化器・泌尿器・小児ストーマの種類、疾患、合併症、緩和ストーマケア、ストーマ合併症とケア、認知症のストーマ管理、瘻孔管理、排尿障害、自己導尿、便失禁、性機能障害、社会保障制度、実習(ストーマ管理困難の症例検討を含む)等。
応募方法と規定 申込用紙に必要事項を記入の上、返信用ハガキ(自施設に届くように住所記載・複数の受講者がいる場合は人数分)を同封し、下記に郵送してください。
【宛先】
〒320-0834 栃木県宇都宮市陽南4-9-13
地方独立行政法人 栃木県立がんセンター  看護部 丸山 和子
電話:028-658-5151(代)、Email:kazmaruy@tochigi-cc.jp

講習会に関する問い合わせ先(上記 丸山へメールまたはお電話にてお問い合わせ下さい)
締め切り 平成29年9月15日(必着) ※延期しました
備考 講習会参加にあたり事前学習をお願い致します。
事前に参考文献を自己学習してから、受講するようにお願い致します。
参考文献:ストーマリハビリテーション基礎と実際【第3版】
ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編、金原出版:定価6000円+税

>>印刷用ページを表示


第10回 埼玉ストーマリハビリテーション講習会

主催 埼玉ストーマリハビリテーション講習会実行委員会
開催期日 平成29年11月3日(金)~5日(日)3日間
開催場所 獨協医科大学附属看護専門学校三郷校
〒341-0003 埼玉県三郷市彦成3-11-21
定員 70名前後(受講者は選考委員会にて選考します)
受講料 25,000円
受講資格 埼玉県内の医療介護施設勤務の看護師(3年以上の臨床経験を有する者)・医師。
3日間の受講が可能な者
カリキュラム 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会の基礎コース・カリキュラムに準じ、埼玉ストーマリハビリテーション講習会実行委員会の看護師、医師が中心となって講義、実習がなされます。内容はストーマリハビリテーション概論、ストーマ用品、消化管ストーマ・尿路ストーマ・小児ストーマの種類・疾患・合併症・管理、スキンケア、社会保障などの領域です。
3日間の修了者には修了証書が授与されます。
応募方法と規定 講習会受講申込書に必要事項を明記の上、下記のあて先までご送付ください。
  1. 氏名(ふりがな):修了証に記載されますので、略語不可です
  2. 職種
  3. 所属施設名、住所、電話番号、FAX番号、所属部署、診療科
  4. 臨床経験年数、免許取得年月
  5. ストーマ経験年数
  6. 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会会員の有無
  7. 受講希望理由
  8. 直属上司(看護部長、看護師長)の推薦状、署名
  9. 一施設で複数者の応募の場合は、必ず優先順位を付けてください。
    また、申し込みは一名につき1枚記入してください。
  10. 自分の所属医療機関宛名と氏名を明記したはがき
    (拒否結果返信用となりますので、必ず一人につき一枚)を同封してください。
応募先および
問い合わせ先
〒330-8503 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1-847
自治医科大学附属さいたま医療センター 一般消化器外科 辻仲 眞康 宛
講習会に対する問い合わせは FAX(048-648-5188)またはメール(saitamasr@jichi.ac.jp)にてお願いします。
締め切り 平成29年8月25日(金)消印有効、採否は9月15日(金)頃までにお知らせします。

>>印刷用ページを表示


第28回 四国ストーマリハビリテーション講習会

基礎コース
期日 平成29年11月23日(木)・24日(金)・25日(土) 3日間
11月23日(木)9時開始予定  11月25日(日)17時頃終了予定
会場 高松テルサ 3階 会議室 他
香川県高松市屋島西町2366番地1
受講料 33,000円
受講資格 下記の要件を満たす方
①看護職(ストーマケア経験2年以上の看護師,助産師,保健師)
(『人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算(450点)』算定は、5年以上の急性期看護に従事する経験が必要です。当講習会修了のみでは算定できません。)
②四国地方圏内の医療施設(老健施設、在宅関連を含む)に勤務する方
③3日間連続して講習を受講できる方
定員 100名
講習内容 ①ストーマリハビリテーション概論
②消化管ストーマ
③尿路ストーマ
④術前ケア
⑤術直後ケア
⑥社会復帰ケア
⑦継続ケア
⑧スキンケア
⑨ストーマ用品
⑩ストーマ造設術に関連した排尿障害・排便障害
⑪性機能障害
⑫小児ストーマケア
⑬管理困難なストーマケア
⑭リスクマネージメント
⑮実習・演習
⑯緩和ストーマケア他ストーマ用品展示等
応募方法 別紙様式に下記必要事項を記載し、受講要項および宿泊・弁当案内用として角2封筒(A4サイズ、120円切手貼付)を応募者1名につき1封書でお申込みください。
基礎コース 応募用紙
①応募者氏名(性別
②看護師経験年数
③ストーマケア経験年数
④所属施設名と所属部署及び診療科
⑤所属部署の年間ストーマ造設件数
⑥所属施設の住所・電話番号
⑦緊急連絡先電話番号
⑧インターネット利用環境の有無
⑨過去の中国四国ストーマリハビリテーション講習会の応募回数
⑩応募理由
⑪施設内での選考優先順位
⑫看護部長の署名・捺印
※返信用封書には、返信先住所・氏名を必ず御記入ください
※申込みフォームの記載漏れ、封書同封や切手貼付が無い場合は、無効とさせていただきますのでご注意下さい。
※応募者多数の場合は、選考により決定させていただきます。尚、一施設で複数の方が応募される場合は必ず選考優先順位を記載してください。
※全日程のカリキュラムを修了された方には、修了証書を発行いたします。
この修了証書は診療報酬算定するにあたり、必要な書類となります。
再度基礎コース受講希望の場合は、応募理由を明記のうえ基礎コースにお申込み下さい。
フォローアップコース
期日 平成29年11月24日(金)・25日(土) 2日間
11月24日(金)9時開始予定 11月25日(土)17時頃終了予定
会場 高松テルサ 3階 会議室 他
香川県高松市屋島西町2366番地1
受講料 22,000円
受講資格 下記の要件を満たす方
①ストーマリハビリテーション講習会(基礎コース) を修了された方
②2日間連続して講習を受講できる方
定員 40名
講習内容 ①ストーマ装具・創傷治療材料
②身体的な管理困難なストーマケア
③社会的管理困難への対策
④特殊な病態のストーマの位置決め
⑤排尿ケア
(テーマ名は今後変更することもあります)
*ストーマケアの問題を解決するために、より実践的で詳しい対応方法が学べます。
応募方法 別紙様式に下記必要事項を記載し、受講要項および宿泊・弁当の案内用として角2封筒(A4サイズ、120円切手貼付)を応募者1名につき1封書でお申込みください。
フォローアップコース 応募用紙
①応募者氏名(性別
②所属施設名と所属部署及び診療科
③所属部署の年間ストーマ造設件数
④所属施設の住所・電話番号
⑤緊急連絡先電話番号
⑥インターネット利用環境の有無
⑦過去のストーマリハビリテーション講習会の修了証のコピー
⑧施設内での選考優先順位
⑨応募理由
※返信用封書には、返信先住所・氏名を必ず御記入ください
※申込みフォームの記載漏れ、封書同封や切手貼付が無い場合は、無効とさせていただきますのでご注意下さい。尚、一施設で複数の方が応募される場合は必ず選考優先順位を記載してください。
※応募者多数の場合は、選考により決定させていただきます。
※全日程のカリキュラムを修了された方には、修了証書を発行いたします。
医師の聴講について
医師の参加については、<基礎コース><フォローアップコース>どちらでも受講できます。
可能なかぎり全日程の受講をお願いいたします。
聴講料 15,000円
応募方法 別紙様式に下記必要事項を記載し、受講要項および宿泊・弁当の案内用として角2封筒(A4サイズ、120円切手貼付)を応募者1名につき1封書でお申込みください。
医師聴講 応募用紙
①応募者氏名
②所属施設名と診療科及び住所・電話番号・緊急連絡先電話番号
③聴講希望コース
④インターネット利用環境の有無
※返信用封書には、返信先住所・氏名を必ず御記入ください
 
応募用紙送付先 〒770-0841 徳島市八百屋町1-14 三井生命徳島ビル3F
(株)近畿日本ツーリスト中国四国 徳島支店
第28回四国ストーマリハビリテーション講習会係
インターネットでの応募受付はしておりません。
締め切り 平成29年7月31日(月)必着
受講者採否と
返信について
応募期間終了後、受講者選考を行い、9月上旬頃に選考結果をお知らせ致します。
当講習会HPにて「発送しました」と表示します。HP上では採否については表示しません。
選考された方へは、返信用封筒にて受講要項をお送り致します。
選考からもれた方については、選考基準や次年度の開催地などの情報について返信させて頂きます。
宿泊・弁当の
申込みについて
開催期間中は、連休中のため宿泊および弁当の手配が難しいと予想されます。希望される方には(株)近畿日本ツーリスト中国四国にて、宿泊・弁当の手配をします。詳細については受講要項送付時に同封します。
宿泊・弁当の
申込みについて
開催期間中は、連休中のため宿泊および弁当の手配が難しいと予想されます。希望される方には(株)近畿日本ツーリスト中国四国にて、宿泊・弁当の手配をします。詳細については受講要項送付時に同封します。
後援団体 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 日本ストーマリハビリテーション講習会 高知県医師会 徳島県医師会 香川県医師会 愛媛県医師会 高知県看護協会 徳島県看護協会 香川県看護協会 愛媛県看護協会
問い合わせ先 第28回 四国ストーマリハビリテーション講習会 運営本部
近石 昌子 (皮膚・排泄ケア認定看護師)
〒760-5887 香川県高松市朝日町1-2-1 褥瘡対策室
電話 (087)811-3333 FAX (087)802-1185(診療情報管理室)
E-mail:pu@chp-kagawa.jp
※お問い合わせは、E-mailとし、件名は『四国SR講習会の件』として下さい。
※お問い合わせは原則E-mailでお願いします。緊急の場合のみ、お電話でのお問い合わせください。ただし平日の12:00~13:00とさせて頂きます。
※当方の都合により、こちらからかけ直させていただく場合がございますのでご了承ください。

>>印刷用ページを表示


第28回 中国ストーマリハビリテーション講習会

期日 平成29年10月6日(金)・7日(土)・8日(日) 3日間
会場 岡山大学病院 地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT・CUBE)
〒700-8558 岡山市北区鹿田町2-5-1 岡山大学鹿田キャンパス内
受講資格 1.一般受講者
1)看護職(ストーマケア経験2年以上の看護師,助産師,保健師,准看護師)
2)中国地方圏内の医療施設(老健施設、在宅関連を含む)に勤務する方
3)3日間連続して講習を受講できる方
4)看護部長の承認を得ている方
2.聴講者(医師)
中国地方圏内の医療施設(老健施設、在宅関連を含む)に勤務する方
3.聴講者(看護師)
第1~27回の講習をすでに受講された方、または皮膚・排泄ケア認定看護師
受講料 1)一般受講者   25,000円
2)聴講者(医師)   5,000円
3)聴講者(看護師)12,500円
定員 一般受講者60名
応募方法 受講ご希望の方は、以下の受講申し込みフォームに必要事項を入力して送信をお願いします。
一般受講申込フォーム
聴講(医師)申込フォーム
聴講(看護師)申込フォーム
注1)申し込み時にはメールアドレスの入力が必要です。パソコンからメールが受信できるメールアドレスを入力してください。
注2)一般受講、聴講(医師)、聴講(看護師)では、入力フォームが異なります。申し込みの際にお間違えがないよう再度ご確認ください。
受講者募集の
問い合わせ
〒701-0205 岡山県岡山市南区妹尾850
岡山市立せのお病院
中国ストーマリハビリテーション講習会 開催地事務局 担当:荻野 香央里 宛
TEL:086‐282‐1211(代表) FAX:086-281-2877
Email:chugoku.sr@gmail.com
締め切り 平成29年7月31日(月) *期日過ぎての入力は無効とさせて頂きます。
*採否は8月31日(木)までに、メールにてお知らせを致します。

>>印刷用ページを表示


第28回 東北ストーマリハビリテーション講習会

主催 東北ストーマリハビリテーション講習会
日時 平成29年8月31日(木) 8:30より
平成29年9月2日(土) 16:00までの3日間
場所 仙台市青葉区広瀬町3-34
東北大学医学部艮陵会館(ごんりょうかいかん)
受講資格 東北6県に所在する施設に勤務する看護職(3年以上の臨床経験を有する者)及び医師
原則として、初回受講者に限る。また、原則として1施設1名の応募とし、複数の場合には、応募はがきに看護部長が優先順位を記載する。
募集人員 90名(受講者は、選考委員会にて選考します。)
受講料 25,000円
応募方法
往復葉書に下記の事項を明記の上、お申し込み下さい。(1枚の葉書に1名)
氏名(フリガナ)
②生年月日(西暦)、年齢
③所属医療機関とその郵便番号、住所、電話番号
④職名、所属(できれば診療科名で)
⑤ストーマケアの経験年数
⑥免許番号
⑦平成27年度の所属施設としての正確なストーマ造設件数(消化器ストーマ、尿路ストーマをわけて)
⑧受講の動機
⑨看護部長(総婦長)の署名、印
⑩複数応募の場合の院内優先順位(正確な順位を看護部長が記載)
⑪応募回数
宛先及び問い合わせ 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1
東北大学生体調節外科
東北ストーマリハビリテーション講習会事務局
東北大学 生体調節外科 医局 長尾 宗紀(秘書 遊佐真理奈)
TEL:022-717-7205 FAX:022-717-7209
E-mail:tohoku.stoma@surg1.med.tohoku.ac.jp
締め切り 平成29年6月16日(金)消印有効
採否の連絡 平成29年7月14日(金)頃までにお知らせ致します。
備考
※当講習会は、「人工肛門・人工膀胱術前処置加算」が算定可能な施設基準を満たすためのストーマに関する適切な研修会に認定されています。また、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会認定のストーマ認定士を申請する際に必要な講習会にも認定されています。
※「ストーマリハビリテーション 基礎と実際 第3版」をテキストとして使用します。受講の際は、各自購入の上ご参加頂くことになりますので、ご了承下さい。

>>印刷用ページを表示


第28回 東京ストーマリハビリテーション講習会

日時 平成29年10月7日(土)8:30より
平成29年10月9日(月・祝)17:00までの3日間
場所 東京逓信病院 管理棟5階
受講資格
① 東京ストーマリハビリテーション研究会(2016年~2017年度)の施設会員を優先します。1施設から複数者の応募が可能です。
② 2014年度までに看護師、保健師、医師の資格を取得した臨床経験3年以上の医療者で、かつストーマケアに情熱を注いでいる人を優先しています。
募集人員 約70名(受講者は、選考委員会にて選考します。)
受講料 25,000円
カリキュラム 講義は、ストーマリハビリテーション総論、ストーマ用品、スキンケア、小児のストーマケア、合併症の対応、社会保障などのこの領域に関連する内容で構成し、グループワークと討論、ストーマケアの実技実習を含んでいます。
応募方法 講習会案内と受講申込書は東京ストーマリハビリテーション研究会ホームページからダウンロードできます。
受講ご希望の方は、受講申し込みフォームより必要事項を入力して送信をお願いします。
受講申込書に必要事項をもれなく記入し、下記応募先へ封書にて応募してください。
注1)所属施設住所、施設名、部署、氏名を明記した返信用はがきを添付してください。
(採否結果返信用となりますので、受講希望者一人につきハガキ一枚が必要です)
注2)書類に不備があるものは受付けませんので、注意してください。
注3)簡易書留または、普通郵便で特定記録【¥160】をつけて、下記へ郵送してください。
宛先及び問い合わせ
(メールにて)
〒102-8798 東京都千代田区富士見2-14-23
東京逓信病院 第一外科医局内
第28回TSR講習会事務局 村田 祐二郎 宛
E-mail:tsrtth@gmail.com
※やむを得ず電話をされる場合は、9:00〜15:00
看護部 宮本 電話:03-5214-7111(代表)
締め切り 平成29年6末日の消印有効
※採否:平成29年8月中旬までにお知らせ致します。

>>印刷用ページを表示